AIM(エイム)学習セミナー 地域密着30年の信頼小学生から高校生までの受験・補修専門塾

〒270-2231 千葉県松戸市稔台1-14-1 サンライト稔台1F TEL.0120-8160-14
AIM通信284号HP用_ページ_1.jpgAIM通信284号HP用.pdf


報道は新型インフルエンザで一色である。ことに西で国内感染が確認された16日以降は、拍車かかって大騒ぎである。幸いにも弱毒性とかでの点はやや安心だが、先年「感染列島」なる小や映画が話題になっただけに、危機感ばかりあおられているようで不愉快だ◆豚インフルエザと称していた頃は、対岸の火事の雰囲気でった。成田でひかかった人もたかが数名とたかくくっていた。しかし国内での人から人への感染なれば話は別だ。学校をはじめ教育現場への響は甚大だ。民間とはいえ学習塾もしかりで、い先日は経済産業省(塾の管轄官庁)と東京
都学事課から、新型インフルエンザへの塾の対応策に関して問い合わせがあったという。そんなわけで今2ページにAIMの対応を記載させていただいた。準が杞憂に終わることを期待したいが、事前の準備は怠ない◆今朝(18日)一番で近くのドラッグストアに立ちり、生徒用のマスクと消毒スプレーを求めた。すでに1名程度の先客があり、どなたもマスクをかかえていた。西でマスクが店頭から無くなったなどと報道されていことの影響であろうか。ずいぶんと用意がいいものだと笑したが、かくゆう私も同じ用件である◆パンデミックる耳慣れない言葉が独り歩きしている。辞書によると、pandemic=世界的流行の、とある。さすがに学校で習う
単語ではないので耳新しいのである。フェーズも気にな一語だ。phase=相、様相、段階、局面。WHOがインフエンザの汚染度をフェーズ6認定すると、パンデミックに入るのだそうだ。ちなみにWHOは「だれ」ではな。世界保健機関(World Health Organization)、国際連合の専門機関として1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ◆おかげで言葉の勉強にはなった。パデミックなぞは今年の流行語の有力候補になるであろと想像できる。しかしながらこんな雑文が、笑い話の種終わることを期待するばかりだ。 (志厚)
AIM通信283号HP用_ページ_1.jpg

つい先日中3生の皆さんの高校進学をみとどけばかりだが、新たに受験生を迎え入れ高校進への第一歩を踏みだした。この土日には初回個人面談が実施され、担任の和枝先生から受生としての意気込みが注入された。これからのらの表情や行動に注目したいと思う◆さて23度入試から千葉県高校入試制度の改善策が
実施されるのは、皆さんもご承知の通りだ。したって旧来の入試制度での受験は、現3年生が後となる。その入試日程が以下の通り確定した特色化選抜検査日は22年2月5日(金)、選抜果発表日は12日(金)。これは昨年度とほぼ同程である。一般入試日程は願書提出は2月1718日。検査日は25日(木)26日)、合格発日3月4日(木)。一般入試日程は例年より2日ほど前しになっている。土日が2月末に入っているせいで検日が早まったのである◆ところで調査書に記載されてる「中学校評定合計平均値」をご存知だろうか。これは科の評定に中学校間で格差があるのを調整するため数値だ。県では9科5段階3年間の評定合計値を95とめた。これは全県の平均値をとったものである◆受験の皆さんに開示得点の調査をお願いしたところ、十数の皆さんが協力をしてくれた。その調査書によると近隣中学校の今年の平均値は、河中95、六中91、和中89なっている。河中は全県平均値、和中はずいぶんと辛
い内申でマイナス6となっている。こんな事情から次のよう驚くべき椿事が発生した。めったにない事例なので紹しておこう◆ある受験生の内申は3年間合計で134点あった。135点満点だから飛びぬけた成績である。とこが驚くのはまだ早い。その子の中学の評定合計平均は88であった。したがって入試選考段階で調整を加えと134点+6点。なんと理論上の満点135点を大きく突破140点に達していた。この成績をもってすれば、調査書重視する特色化選抜入試では、学校独自問題を実施たとしても、まず落ちるわけはないであろう。そんな調査書重視の入試制度も次年度が最後となる。 (志厚)

カレンダー

リンク