AIM(エイム)学習セミナー 地域密着30年の信頼小学生から高校生までの受験・補修専門塾

〒270-2231 千葉県松戸市稔台1-14-1 サンライト稔台1F TEL.0120-8160-14

AIM通信301号 表紙.jpg 301_2010.pdf

皆さんは乙武洋匡(おとたけひろただ)さんをご存じだろうと思う。そう、彼が早稲田の学生であったとき出版し、大ベストセラーとなった「五体不満足」の作者である。

この著書は衝撃的なものであった。当時長期入院していた中学生の塾生にこの著書を贈ったことがあったが、その画像のインパクトの強さに思わず贈呈を躊躇したほどであった。

あれから12年の歳月が流れ彼も34歳、2児の父親となっている。乙武氏は学校卒業後スポーツライターの道に進んだ。テレビレポーターとして、オリンピックの取材などで活躍する彼の姿をご覧になった方も多いことだろう。その彼が1005年から教育の世界に転身していた。そのきっかけは新宿区の非常勤職員として「子ども生き方パートナー」に就任したのがきっかけであった。役割上区内の小中学校を巡るうち、本格的に教育の現場に身を置くことを決意した彼は、明星大学通信教育課程に学士入学し教員免許を取得する。

2007年3月、杉並区立第四小学校に任期付き教員として勤務し5年3組を担任することになった。そして3年の任期がすぎ、今年3月学校を辞し現在は作家として教育問題に意見や提言を発信する立場となった。

今年9月、彼の学校での経験を柱に「だいじょうぶ3組」(講談社刊)という小説を発刊した。自らの分身として電動車いすの乗った新任教師赤尾慎之介を主人公として登場させ、体当りで子どもたちにぶつかっていく教師の苦悩や喜びを克明に描いている。

彼のもうひつの著書に「だから、僕は学校へ行く!」がある。これは2007年に講談社から単行本として発刊されたものだ。先の小説の出版に合わせてこの9月に文庫化されているので、お安く入手することができる。これを読むと彼の教育実践の姿や教育観を知ることができる。

体罰の是非、障害者教育、不登校問題、個性重視教育の功罪、ゆとり教育そして本当の学力とは? 幅広い視野で学校教育の現場の問題点や疑問点を提示している。彼が重度の障害者あるという事実を差し引いても、彼の教育の現場での経験に裏打ちされた発信はとても貴重なものと思える。ご興味の向きには両書のご購読をお勧めしたい。 (志厚)

カレンダー

リンク