AIM(エイム)学習セミナー 地域密着30年の信頼小学生から高校生までの受験・補修専門塾

〒270-2231 千葉県松戸市稔台1-14-1 サンライト稔台1F TEL.0120-8160-14
通信346号2014.7.20_ページ_1.jpg通信346号2014.7.20.pdf

ちょうど1年前、腎臓に疾患が見つかり緊急入院をした。市立病院で10日ばかりを過ごし、夏期講習の直前になんとか復帰した。夏 期講習前期は、おそるおそる授業を受け持った。幸いにも再発はまぬがれ、暑い夏を乗り 越えることができた。入院以前血糖と血圧に問題をかかえていた。だがわずか10日の病 院暮しで、体重がマイナス6kgと予期せぬダイエットのごほうび、そのおかげで、血糖 値も血圧も標準値内に改善された。一病息災どころか一病を得て体質改善がかなったの だった。そして一年、肝心の腎臓には問題はなさそうだ。腎臓は沈黙の臓器といわれるの だが、消息なきは無事とかってに解釈している。だが、体重は4㎏のリバウンド、元の木 阿弥とだらしないことだ。血糖と血圧はなんとか基準内に収まってはいるが、しばらくは薬は欠 かせないようだ

夏休み初日の19日、我孫子駅前の公共施設けやきホールで、東葛地区の公立高校合同進学相談会が開催された。これは千葉学習塾協同組合が主催する進学イベントのひとつだ。人気校15校を招いての、学校ごとの全体説明会と個別ブースでの相談会である。この日は中学総体の地域予選日とあって、受験生の出足が懸念されていた。雨天ということもあってか、午後4時の開場時点で200名近い行列ができた。最終的に入場者は600名を越えた のだが、この時期にこのようなイベントに足を運ばれるのは、意識の高い熱心な受験生と保護者の皆さんである。この時点ですでに、受験競争に一歩先んじていると言えるであろう。

さて、15校の高校のなかで「一歩先んじた」人気校は小金高校であった。来られた先生はお一人なのだが、男女2名の生徒会役員の生徒が同席した。相談ブースに人があふれる と、制服姿の二人の生徒が相談に応じる。全体説明会は入場者190名を越える一番人気。二人はその聴衆の前で、学校生活や部活動の様子などを堂々と説明する見事なパフォーマンスぶり。さぞや保護者の皆さんの評価は、高かったであろうと思われた。小金高校では人気回復から数年経つが、来年度の入試でもさらに受験生を増やしそうだと実感した。(志厚)

カレンダー

リンク