AIM(エイム)学習セミナー 地域密着30年の信頼小学生から高校生までの受験・補修専門塾

〒270-2231 千葉県松戸市稔台1-14-1 サンライト稔台1F TEL.0120-8160-14
通信364号2016.1.20_ページ_1.jpg通信364号2016.1.20.pdf

1面に掲載の通り、平成28年度高校入試が始まった。今年の受験生は26名、数年前は60名を越える受験生がいたのだから、いくらかさみしい昨今ではある。しかしながら少数精鋭となると、一人一人への思いはいっそう深くなる。年明けのポスター制作にあたって「ひと足お先に、咲きます」というキャッチを思いついた。これに桜ではなく梅の花をレイアウトした。桜は3月の新学期にとっておきたい。梅が咲き、桜が開きそして新緑へ。日本の季節の循環がスタートした。我々にとって入試の挑戦と成果は、一年の納めであり新年の始まりである。今年も受験生の諸君と充実と喜びに満ちた「歳末と新年」を過ごしたいと思う。

年明け早々、いろんな分野で様々な出来事が発生し、2016年の多難を印象付けた。なかでも長野県でのスキーバスの事故は、国内の年間重大ニュースに記録されるほどの悲しい出来事だ。ことに犠牲者の多数が、前途洋々たる大学生の皆さんであった点が、いっそう無念な思いをつのらせる。

11日の成人の日の午後、振袖姿あでやかな4人の成人がやってきた。彼女たちは5年前の卒業生であり、この日森のホールでの成人式を終え、その姿を披露しにやってきてくれたのであった。これから同窓会だという彼女たちに囲まれて記念写真を撮ったのだが、いささか晴れがましくも照れくさい思いを味あわせていただいた。休日のこの日は中3受験生の特別授業日であった。授業始まりの直前であったので、塾にやってきた女子生徒は、先輩のあでやかな姿に目をまぶしくさせていた。5年後には彼女たちの番なのだが、実感はないであろう。ともかくも、彼女たちと同世代の若者が、一瞬のうちのその命を奪われたのである。事故の経緯を知ると、避ける事のできた人災事故といえるだろう。この事故に関わりのあった我々大人世代は、悔恨と反省を深めなければならないであろう。

2020年のオリンピクに向けて、卓球、バトミントン、陸上、水泳、柔道等々さまざまな競技で、十代のアスリートの活躍が目覚ましい。1964年の東京オリンピックは、日本という国の発展のきっかけとなった。今回のオリンピックは、日本人という人の進歩につながってほしいと思う。今回の様な若者の命を失う事故は、まことに無念なことであり痛恨の極みである。

カレンダー

リンク